Theme Layout

[Rightsidebar]

Boxed or Wide or Framed

[Wide]

Theme Translation

Display Featured Slider

Yes

Featured Slider Styles

[Fullwidth]

Display Grid Slider

No

Grid Slider Styles

Display Trending Posts

No

Display Author Bio

Yes

Display Instagram Footer

No

Dark or Light Style

[Light]
Powered by Blogger.

Trip to Germany & France【7】 - PORSCHE Factory Tour & Museum


今回のドイツでの旅程のハイライト、PORSCHEの総本山(謎)に向かいます。

Stuttgart HbfからU bahnに乗る

地方都市のStuttgartですが、「S bahn」と「U bahn」という鉄道が走っています。「S bahn」は地上を走る鉄道を指し、「U bahn」は文字通りUnderground Bahn=地下鉄を示すそうですが、Stuttgartの「U bah」nは「Stadtbahn」とも呼ばれる路面電車の延長線上にある交通機関だそう(確かに後々市内をタクシーで走っていたら、路面電車になっている区間を目撃)。ドイツは鉄道網が発達していますねえ。


 「S Bahn」はこんなかんじの赤い車体です。格好良い。




 駅は思いの外明るい。まあちょっと陰気臭さはありますが。


すぐに地上に出ます。4駅20分くらいで、Neuwirtshaus(Porscheplatz)駅に到着。ホームのみの小さな駅です。多分PORSCHE関係者くらいしか使わないんじゃなかろうか。


この辺りはStuttgartの中でも、Zuffenhausen(ツフェンハウゼン)という地域だそうで、P社の方はStuttgartとは呼ばずにZuffenhausenと呼ぶらしい。


駅を降りると目の前右手にそびえ立つ白い建物が「PORSCHE MUSEUM」で、左側に「PORSCHE Centre Stuttgart(ディーラー)」、そのまた奥に工場やらオフィスやら、まあとにかく街がまるまるPORSCHEになってます。





911しか載ってない……。





(お腹いっぱいになってきた)

Factory Tourに参加

というわけで、早速本社工場を拝見することのできる唯一の機会、Factory Tourに参加してきました。事前予約が必要ですが、無料です(詳細はMuseumのWEBサイトから)。


集合場所はミュージアムのエントランス前。最初は誰もおらず「もしかして私達だけだったらどうしよう……」などと不安に思っていたのですが、時間が近づくと結構な人数が集まってきました。やはり割と年配の男性の姿が目立ちますね。十数人くらいずつのグループに別れて、工場に向かいます。


こういう工場見学ツアーって、日本だと作られたコースを巡るようなものが多いと思うのですが、エンジンの組み立てラインから、インテリアの工房、ペイントの工程、ボディの組み立てラインの最終工程までクルマ1台が完成するまでの全てを見ることができました。丁度、ナショジオ「スーパー・ファクトリーのすべて」シリーズで見た工程を肉眼で再確認する感じ。

DVD ポルシェ  スーパー・ファクトリーのすべて

日経ナショナルジオグラフィック社
売り上げランキング: 332,697

「え、ここまで近づいていいの」という場所まで行かせてくれて(寧ろ働いている人たちが若干迷惑そうな顔すらしていた……ようなw)、全自動で動いている部品を載せたカートのようなものが工場内を走り回ってるのですが、それに轢かれそうになるような場面も(笑)専門用語多めの英語の解説はなかなか聞き取りづらかったですが、貴重な経験になりました。911オーナーの方は、是非一度行ってみると、より自分のクルマに対する思い入れも強くなるのでは……?ツアーは1時間程。結構歩くので歩きやすい靴で。写真撮影は禁止です。

ついでに、総本山のPCにも立ち寄ってみました。当たり前のように(当たり前か)Macanが展示してありましたよ。



91,766.25€也。今のレートだと1,300万円くらいですかね。



PORSCHE MUSEUM

さて、今度はミュージアムへ。2009年にオープンしたPORSCHE MUSEUM。白を貴重とした館内はとても綺麗です。














Boxsterのコンセプトモデル……!






エンジン音聴き比べのコーナー。


黄色い(緑?)キャリパー好きです。


スケスケCayenne。



いつのまにやら356にはこーんな人だかりが!(なので静かに見たい場合は午前中早めをおすすめします)


このMUSEUMに展示されているクルマは全て動く状態で保管されているそう。その管理やメンテナンスを行っているのが、MUSEUMに併設されている「Workshop」。この時もたくさんの貴重なクルマたちがメンテナンスを受けてましたよ。



おみやげも色々。シャンパンとか、チョコレートとか。


ミニカーももちろん充実。


ワインも(謎)。


格好良いクローク。

Restaurant「Christphorus」でランチ

歩き疲れたところで、Stuttgartで一番美味しい(らしい)と評判の、ミュージアム併設のレストラン「Christphorus」へ。こんなちゃんとしたレストランがあるなんて粋だわ。





いたるところにクルマが。


メニューにも。


PS: By the way, you are now holding a genuine Porsche in your hands.
Because each menu card at our Restaurant is a unique profuct from Porsche's Training Workshop for Car Interiors made out of Original Porsche Leather.
ですって!

眺めも抜群で、目の前のPorscheplatz(=ポルシェ広場)を眺めながらwのお食事です。右奥が先ほど拝見してきた工場。


お料理は正統派。サービスのスタッフさんも親切で、気持ち良い空間でした。




シーザーサラダ。


どうみてもお肉押しのお店だったのですが、私はスズキのグリルを頂きました。


こちらはフィレ。


デザートプレートが美しい。


MUSEUM内にはもっとカジュアルなカフェもあり。




大満足でこの地をあとにしました。

実はFactory Tourの予約日が月曜日=MUSEUMがお休みの日で、残念ながらFactory Tourに参加した日はMUSEUMを見ることができず、このPorscheplazに2日連続行っていたのでした(笑)。

続きます。


The Porsche Museum
The Porsche Museum
http://www.porsche.com/museum/en/
Nagisa Ichikawa
0 Comments
Share This Post :

You Might Also Like

0 件のコメント:

コメントを投稿

[name=Nagisa Ichikawa] [img=https://4.bp.blogspot.com/-hWdcbOfKm40/WFuZjcRwfeI/AAAAAAABmrg/Il6JH6mMq-I-2qf2UcXULnm-d1wH4irAwCLcB/s200/NagisaIchikawa_2014_02.jp] [description=Fashion Consultant for Digital Communication and Technology] (facebook=https://www.facebook.com/Nagisa.Ichikawa) (twitter=http://twitter.com/nagiko726) (instagram=http://instagram.com/nagiko) (bloglovin=Blogvin Profile Url) (pinterest=Pinterest Profile Url) (tumblr=http://nagiko-chick.tumblr.com/)

Follow @nagiko on Instagram